奥飛騨温泉郷 旅館 藤屋

GIFU HOTEL

施設の基本データData

施設名 旅館 藤屋
TEL 0578-89-2714 FAX 0578-89-3025
住所 岐阜県高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1
ホームページ http://www.okuhida-fujiya.com/
チェックイン チェックアウト
大きい画像で見る

トピックスTopics

2018/04/19 郡上八幡の鯉のぼり NEW
2018/04/18 千葉家のいろり火・・・燃えつづけ守りつづけて770年 NEW
2018/04/12 高遠城址公園の桜と奈良井宿 NEW
      
4歳になる孫の「鯉のぼり」の段取りが大変だ。まず、裏山のヒノキ林から適当な「のぼり竿」を選ぶことから。高さ10メートル以上で真っすぐ、元の太さ直径10Cm以下の代物。鯉は郡上八幡産の物と決めた、「のぼり竿」はやっとこさで山から挽き出してきて何とかOK。問題は鯉、郡上八幡の店まで買いに出かけたけどその価格にビックリ仰天!。流石に郡上鯉である。選ぶ程にほどほどに孫にはスマンが身の丈で中庸の下下の下で自身のみが納得。
      
何となんと、770年ものあいだ燃えつづけ守りつづけている「いろり火」があるのです。 それは郡上踊りで有名な郡上市明宝気良の千葉家のいろり火で、承久三年(1222年)に火打石でつけられたのが始まりといわれ、現在に至っております。 当湯宿では縁あって28年前に千葉家のいろり火の「分火」を受けて百姓座敷の囲炉裏に燈しておりましたが、770年どころか7日も持たずに消してしまい、以後その繰り返しでそれでも今年4月18日最後のお願いで「分火」してもらいました。 今度も消してしまうと思いますが、「分火」して戴いたことは事実でありながら燃え続け守り続けることの大変さご苦労を身をもって体験し感じ、千葉家の先祖代々様に深く深く頭が下がる思いであります。 
      
 先日高遠城址と奈良井宿へ行ってきた。 ショートカットで薮原ルートを選択したが峠は雪で通行不能、止む無くUターン約60分ロスッテR158へ戻り松本IC~塩尻ICで下車。 桜は満開から散り始め、とにかく寒い桜満開冬模様桜の花か粉雪か、早々に下山し奈良井宿へ。 奈良井宿も小雨と霙、道幅の広い1Kmの宿場を小走りで往復したがしっとりとした雰囲気は趣多々、観光協会案内所で暖をとらせてもらい綺麗な事務員さんから丁寧な説明と応対に感謝。 同じ「重要伝統的建造物群保存地区」の飛騨高山の古い町並みとは趣を別とした魅力がある感じ。 8軒の民宿はインバウンドのお客さまで満室とか(奈良井宿協会案内所の話)。 東山道、中山道にはまだまだ素晴らしい宿場がある。